50名がリストに保存しています

地図を表示 オーベルジュ ラ スース

オーベルジュ ラ スースを閲覧したお客様は以下のホテルも見ています:

La Vallée des Dunes

ホテル サハラ砂漠のErg Chebbi砂丘から徒歩3分にある宿泊施設で、無料Wi-Fi付きの客室とテント、レストラン、砂丘の景色を望むテラス、ラクダ乗りなどのアクティビティーを提供しています。 伝統的な造りのLa Vallée des Dunes - Berbère Saharaには、本格的なベルベルのカーペットが備わっています。専用バスルーム付きの客室、テント(共用バスルーム利用)を提供しています。...
クチコミ45件の総合評価 すばらしい 8.8/10

カスバ モハユット

ホテル Merzougaの高い砂丘のふもとにある和やかなロケーションが自慢のホテルです。リラクゼーション、オーセンティックさ、冒険を求める方に理想の選択です。 Kasbah Mohayutは、スイミングプールまたはパティオを囲む広々とした客室、スイートを提供しています。各客室には典型的なモロッコの装飾が施され、エアコンなどのモダンな設備が備わっています。...

このホテルの最新予約は昨日  06:15

クチコミ141件の総合評価 とてもすばらしい 9/10

リヤド マムーシュ

ホテル サハラ砂漠の端に位置するHotel Mamoucheは、メルズーガ中心部から車で10分です。屋上テラス、屋外スイミングプール、無料Wi-Fiを提供しています。 Mamoucheの客室には、エアコンと専用バスルームが備わります。滞在中は、噴水があるRiadの中庭でゆっくりくつろげます。 Hotel Mamoucheのレストランでは、タジンやクスクスなどの伝統的なモロッコ料理を楽しめます。...
クチコミ69件の総合評価 すばらしい 8.6/10

Riad Madu

ホテル Riad Madu is located in Merzouga. Free Wi-Fi access is available. Rooms here will provide you with air conditioning and a seating area. Private bathrooms also come with a shower.

このホテルの最新予約は本日  07:45

クチコミ8件の総合評価 とてもすばらしい 9.4/10

オーベルジュ ラ スース宿泊者の最新クチコミ

  • Daisuke
      日本
    2014年8月10日

    オーナー兄弟の人柄が素晴らしく、砂漠ツアーからバスの手配、送迎と全て安心。 彼は、英語、アラビア語、ベルベル語、フランス語、イタリア語、スペイン語を自在に操り、砂漠ツアーから送迎まで何でもこなすスーパーオーナー。 常にフレンドリーで優しく、人柄が素晴らしい。 フェスから夜行バスで早朝メルズーガに到着。事前にメールで早朝着を知らせていたが、バス停から電話することもなく、すでにオーナー自ら迎えに来てくれていた。 実はここのバス停では、毎回カモになりそうな観光客の争奪戦が繰り広げられるので(もちろんそういう輩についていって良いことなど何もない)、そこからすぐに予約書のコピーを持ったオーナが現れ、救い出してくれた。 バス停から車で15分くらいのところにリアド、ホテルが集まる小さな街があり、そこはもうサハラ砂漠直前という絶好の立地条件。 真夏ということもあり、日中は暑くて散策はあまりできないので、夕方からの砂漠ツアーに備えてシャワーを浴びて宿で遅めの昼食。 タジンやオムレツなどどれも街中のレストランの標準以上の味で美味しい。よく冷えた水もここで買うことができる。 残念ながら部屋までWIFIは届かないので、イタリアから来た観光客と雑談しながらのんびり過ごす。 真夏はエアコンがあまり効かないので注意、ただ湿度がないので温度ほど不快ではない。 部屋は広くて、清潔、シャワーも十分出ます。 夕方から街を散策することに。大きなお店はなく、個人経営の小さなお店がいくつか点在する程度だが、喧噪のモロッコの街中とは違い一人でも安心して歩けるし、のんびり過ごせる。 歩いて5分ほどのところに、現地の方と結婚して永住している日本人女性がいます。親切な方ですので、現地の詳しい情報を日本語で知りたい人は、ぜひ訪れてみて。 翌日の夕方からラクダに乗って砂漠ツアー。山のような雄大な砂漠を見ながら揺られること1時間半、キャンプ地に到着。 オーナーのお父さんがタジン鍋を作ってくれて、同行したイタリア人と6人で鍋を囲む。夜は絨毯の上で満天の星空を眺めながら、横になる。 日常とは明らかに違う星の輝きの大きさと宇宙空間にいるような圧倒的な数、雄大な星雲の天の川の下にいると眠ってしまうのが勿体なくてなかなか眠りにつけない。 翌朝バスの時間もあり、明け方前に出発、徐々に日が昇る幻想的な砂漠を後ろに、宿に到着。 最後の朝食を食べてシャワーを浴びてバス停まで送ってもらい砂漠の街をあとに、次の目的地へ。またいつかここに帰ってくることを願って。

    9.6

地図を閉じる