言語を変更

心ときめく旅:サントリーニ島(ギリシャ)

この場所の魅力

真っ白な建物がまばゆいイア

真っ白な建物がまばゆいイア

幾度にもわたる火山の大噴火によって形成された、三日月型のサントリーニ島。脅威が過ぎ去ったあと育まれてきたのが、雄大な自然とギリシャを象徴する魅惑の街並みです。

白塗りの洞窟と青い屋根のチャペルが点在する険しい断崖は圧巻の風景ですが、島の中心部の散策も外せません。アクロティリフィラが誇る、神秘に包まれたミノア文明の遺跡は、この島を崩壊の危機に追いやった噴火の爪痕を今に伝えています。まぶしい太陽の下散策を楽しんだら、丘を少し下ってギリシャの酒場、タヴェルナで一休み。チーズたっぷりのサガナキやほうれん草のパイ(スパナコピタ)、香り高いお肉の串焼き、スブラキを堪能しましょう。

アクロティリ村の景色

アクロティリ村の景色

青きエーゲ海の波音を間近で感じられる太古の火山島、サントリーニ島では、どの方角にも視界を遮るものはなく、うっとりするような夕茜を堪能するのに最適な場所です。イアやイメロヴィグリは観光客に特に人気のエリアのため、たそがれ時の雰囲気を静けさの中で楽しみたいなら、ヨットツアーで喧騒とは無縁のビーチやアクロティリにひっそりと佇む灯台を目指しましょう。太陽が地平線を紅く染め上げる絶景を満喫したら、フィラのバーに繰り出したり、カマリやペリッサのような海辺のリゾートにある砂浜のナイトクラブやカクテルバーで夜のひとときを過ごしましょう。

おすすめの時期

午後の陽で紅に染まる、サントリーニ島のレッド・ビーチ

午後の陽で紅に染まる、サントリーニ島のレッド・ビーチ

真夏の太陽が照らすサントリーニ島には、観光客が押し寄せます。ピーク時の料金は避けたいけれど、陽の光にきらめく海を目にしたいなら、繁忙期の前後(5~6月と9~10月)がお勧めです。6月からはビーチを満喫でき、9月には暑さも落ち着いてくるうえ、この島を形作った大噴火の様子を再現した、大迫力の花火を鑑賞することができます。

泊まるならココ

ウエスト イースト スイーツ:イメロヴィグリ(サントリーニ島)

インフィニティ―プールから、地平線の彼方へと続く大海原の絶景が望めるこの宿は、至福のリラクゼーションがコンセプト。すべてのスイートには専用プールまたはホットタブ付きのテラスが備わっており、イメロヴィグリの代名詞とも称される夕焼けの空をゆったりと拝むことができます。日が落ちたら、アラカルトのレストランやカクテルバーで舌も満足させましょう。

リミーダ ヴィラズ:イア(サントリーニ島)

この島の特徴である伝統的な洞窟住居では、何世紀にもわたり島民たちが住んでいた、涼しい洞窟での暮らしを体験できます。断崖をくり抜いて建てられたスタジオやアパートメントはとても居心地が良く、テラスでのんびりすることも。一部のお部屋にはホットタブ付きのテラスもあります。

アモール ハイドアウェイ ヴィラズ:フィラ(サントリーニ島)

専用プール付きのラグジュアリーなヴィラは、フィラで過ごす島での優雅なひとときを叶えてくれる場所。中でもアモール ハイドアウェイ ヴィラズのヴィラは、キクラデス建築と洗練されたインテリアがゲストを魅了します。1階のテラスに足を踏み入れると、ヴィラの内装すらも敵わない、目もくらむようなエーゲ海の絶景が広がります。