言語を変更

グループ旅行におすすめの明るくてくつろげるビーチ

フェスティバルや海外ビーチでのウェディング、バックパッキング、独身最後のパーティーなど、思い出深く、若干カオスになりながらも、楽しいの一言に尽きるのが友人との旅行です。特に青い空と黄金に輝く砂浜、温かい海、日光浴したくなる日差しがあれば最高です。本記事では、グループでの休暇におすすめの人気ビーチをご紹介します。

イラセマビーチ(ブラジル、フォルタレザ)

フォルタレザのイラセマビーチ

フォルタレザのイラセマビーチ

ブラジルの都市フォルタレザへのアクセス抜群の都会のビーチ、イラセマにはお出かけスポットがたくさんあるので、海でのアクティビティの時間を確保するのも忘れてしまうかもしれません。賑やかな遊歩道にはバーやレストラン、ショップ、観光スポットがたくさんあり、クラフト作品の出店が集まる市場「CEARTアーチザン・センター」では掘り出し物を探すショッピングを、近隣のプレジデンテ・バルガス・スタジアムでは日々開催される試合を楽しめます。もちろん、お待ちかねの日光浴に最高のスポットもたくさんあります。ゆったりくつろぎたいお友達との旅行なら、近くのバーで日没を鑑賞するか、VIP ベイラ マール レジデンス(VIP Beira Mar Residence)でハンモックから海の眺めを一緒に楽しみましょう。

マジック・アイランドビーチ(アメリカ、ハワイ州)

ハワイのマジック・アイランドビーチ

ハワイのマジック・アイランドビーチ

人工的に作られた半島のマジック・アイランドビーチは、冒険好きなフィットネスマニアにおすすめです。岩礁によって守られているため波が穏やかで、島の西側ではボディーボーディングやサーフィン、パドルボーディングのレッスンが行われています。地上でのエクササイズがお好みであれば、地元の人たちと一緒に沿岸でのジョギングやスケートボードを楽しむのも良いですし、BBQをするという選択肢もあります。どこか懐かしい雰囲気のハワイを体験したい方は、ビーチを望むレトロなバンガローが並ぶザ サーフジャック ホテル & スイム クラブ(The Surfjack Hotel & Swim Club)に泊まりましょう。白い砂、青い空、ヤシの木をさらに求めて、アラ・モアナ・ビーチパークまで散歩をするのもよいでしょう。

エル・クーラビーチ(スペイン、トレビエハ)

トレビエハのエル・クーラビーチ

トレビエハのエル・クーラビーチ

都会のビーチがブルーフラッグに認証されることは皆無ではありませんが、特に賑やかなナイトライフの代名詞でもあるエル・クーラのようなビーチが選ばれたのは偉業とも言えるでしょう。 このスペインの都会のビーチ沿いにある最近リニューアルされたばかりのプロムナードには、バーやレストラン、屋台がたくさん軒を並べています。そしてビーチでは毎晩清掃が行われる上、バリアフリー対応もなされているため、移動に支障がある友人の方も一緒に楽しめるでしょう。友人同士のグループでトレビエハを訪れるのであれば、自炊ができるアパートメントスタイルのプラヤ ロス ロコス(Playa Los Locos)に滞在するのがおすすめです。

メイア・プライアビーチ(ポルトガル、ラゴス)

ラゴスのメイア・プライアビーチ

ラゴスのメイア・プライアビーチ

メイア・プライアは4kmに渡って砂浜が続いているので、繁忙期でも混みすぎることはありません。ラゴスの中でもこの地域は開発がそれほど進んでいないため(街はビーチから車で15分ほど)、海岸沿いには地元の人々が個人で経営するカフェやバーが数多く並んでいます。メイア・プライアの西端にはホテルが集まっており、ライフガードが常駐しています。何にも邪魔されず海の景色を楽しめるザ ソルティ ロッジ(The Salty Lodge)に泊まって、ホテルのスタッフによるサーフィンのレッスンやイルカウォッチングツアーに参加しましょう。

バイロンベイ(オーストラリア、ニューサウスウェールズ)

ニューサウスウェールズのバイロンベイ

ニューサウスウェールズのバイロンベイ

オーストラリアのリラックスしたライフスタイルの発祥地、と住民が認めるバイロンベイでは、夜明け前はサーフィン、日中は日光浴、夜は海沿いのバーで過ごすというのがお決まりのようです。典型的な休暇のルーティーンから離れたい旅行者は、サーカスやバーレスクのレッスンに参加したり、ビーチサイドヨガや、ホエールウォッチング、カヤッキング、サーフィン、さらにカニ捕りクルーズなどに挑戦しましょう。ビーチから歩いて9分ほどの場所に、熱帯雨林に囲まれるようにして建つバイロン アット バイロン(Byron at Byron)に泊まって、森の中で一晩を過ごしたあとは、朝早く海にでかけてサーフィンを楽しみましょう。

ニャチャン(ベトナム、カインホア省)

カインホア省のニャチャン

カインホア省のニャチャン

ニャチャンを訪れたら、気温が上がる前、透き通った海でシュノーケリングのレッスンが開かれている朝一番の時間帯にビーチに行くのがベストです。地元の人々の多くが、朝早い旅行者たちがくる時間までに余裕があるこの時間帯に日課のひと泳ぎをしているようです。そのあとは、ミア リゾート ニャチャン(Mia Resort Nha Trang)のような海を望むホテル(ここではビーチヨガレッスンを無料で提供しています)のひとつで朝食をとれば、のどかな一日の始まりです。日中に街歩きや日光浴をしたり、海辺でのんびり過ごしたあとは、ビーチを散策し、リラックスした雰囲気のレストランの海を望める席で、うっとりするような夕焼けを眺めながら食事を楽しみましょう。

アオナンビーチ(タイ、クラビ県)

クラビ県のアオナンビーチ

クラビ県のアオナンビーチ

この夏タイをバックパックでまわる予定なら、圧巻の夕焼け、そして緊張を解きほぐすタイマッサージを体験できるアオナンビーチを訪れるのをお忘れなく。アオナンビーチではマングローブツアーやシュノーケリング、ダイビング、そしてクラビ県の沿岸に点在する小さな島を巡るツアーなど、ビーチで数日過ごしたあとでも楽しめるグループ向けのアクティビティがたくさんあります。もしくは、バーン ヘビービー リゾート(Baan Habeebee Resort)のように、ビーチに面して建つ豪華な宿に泊まって、プールサイドで数日過ごすのもよいでしょう。