メインコンテンツにスキップ

2023年におすすめの旅行先TOP10

旅先

来年に向けて究極の旅先を見つけていただけるよう、Booking.comでは世界の予約トレンド**を調査しました。今回は、Booking.comのトラベルコミュニティからのアドバイスと併せて、2023年の注目の旅先トレンドTOP10をご紹介します。スピリチュアルな海辺の街、アートの中心地、隠れた名所などをはじめとした大注目の旅先10選をはじめ、観光スポット・アクティビティや宿の情報も含まれている本リストには、素敵な旅でいっぱいの1年にするためのインスピレーションが詰まっています。

サンパウロ(ブラジル)

サンパウロの屋台で名物のモルタデッラ・サンドイッチを楽しもう

サンパウロの屋台で名物のモルタデッラ・サンドイッチを楽しもう

活気溢れる大都市サンパウロには、「パウリスタノス」と呼ばれる2,000万人の地元住民が暮らし、アンダーグラウンド・クラブ、アートハウス・シネマ、エクスペリメンタル・シアターのほか、伝統的なサンバ&パゴージ体験などの賑やかなナイトライフシーンが息づいています。また、素晴らしいストリートフードや、ミシュランの星を獲得したブラジル国内のレストラン14軒のうち9軒がこの街にあることで知られ、きつね色に揚がった細切りチキンのコロッケ「コシーニャ」や、濃厚な黒豆のシチュー「フェジョアーダ」などの名物を堪能できます。ファッション好きの方にぜひおすすめしたいのは、洗練された高級ブティックが立ち並ぶ並木道のオスカル・フレイレ通りです。あるいは、一息入れるために街を離れ、車ですぐの場所にあるサンパウロ州の北海岸を訪れてみてはいかがでしょうか。ここは、リオのビーチに匹敵する隠れた名所となっています。

ダニエレさんからの旅のアドバイス:
「私のおすすめのディナースポットは、ホテル ユニーク(Hotel Unique)の屋上にあるレストラン&バー『Skye』です。または、超高層ビルのイタリアビルの最上階にあるレストラン『Terraço Itália』もおすすめです。ここでは都会の美しい景色を眺めながら、ミシュランの星を獲得した郷土料理を楽しめます。」

おすすめの滞在先:ロテル ポルトベイ サンパウロ(L´Hotel Portobay São Paulo)はサンパウロの賑やかなパウリスタ通りや近代美術館から徒歩ですぐの場所に位置しています。ピアノバーでは、カシャッサをベースに砂糖とライムを加えたブラジルの国民的カクテル、カイピリーニャを楽しめます。

ブドヴァ(モンテネグロ)

ブドヴァの旧市街から望むビーチの景色

ブドヴァの旧市街から望むビーチの景色

来年、ビーチでのんびりする旅に出かけたい方には、モンテネグロの西部の街、ブドヴァがヨーロッパの旅先として最適でしょう。アドリア海沿岸に位置するこの街には、ブドヴァ・リビエラと呼ばれる長く曲がりくねった海岸線が伸び、透き通った海に沿って金色の砂が広がっています。中世の趣を残すブドヴァ旧市街には、ヴェネツィア共和国時代の石垣や石畳の通りのほか、地元の名物のタコなどの新鮮なシーフードを使ったグリル料理を提供するレストランがあります。冒険好きの方は、マムラ島、青の洞窟、岩礁の聖母ツアーに参加してコトル湾を探索してみてはいかがでしょうか。このツアーでは、青の洞窟で遊泳やシュノーケリングをしたり、海底トンネルに入ったりすることもできます。夜になると、ブドヴァのバーやクラブが賑わいを見せ、人気のテクノのDJやハウスDJのパフォーマンスで盛り上がるため、夜通しダンスを楽しめます。

おすすめの滞在先:アパートメンツ インスピレーション(Apartments Inspiration)は旧市街とビーチから徒歩ですぐの場所に位置し、スタジオ、1ベッドルーム・アパートメント、ファミリーアパートメントを提供しています。街や、周囲の山々と海の景色をバルコニーから眺め、地中海に沈む真っ赤な夕日を見渡すテラスでディナーを楽しんではいかがでしょうか。

ポンディシェリ(インド)

インド・ポンディシェリの緑豊かな通りに停まる自転車の「リキシャ」

インド・ポンディシェリの緑豊かな通りに停まる自転車の「リキシャ」

ポンディシェリインド南東部の海岸沿いにある、ベンガル湾に面した海辺の街です。「ポンディ」の愛称で親しまれ、ヨガや瞑想のためにアシュラムを訪れるスピリチュアル志向の訪問者を惹きつけています。この街を観光する一番の方法は、緑豊かな大通りを自転車で探索するか、カスタマイズされたプライベートウォーキングツアーに参加することです。このツアーでは、パステルカラーのタウンハウスやピンクのブーゲンビリアが咲き誇るバルコニーが続く、趣のある歴史的な通りを散策できます。静かなビーチが街の南北に広がっていますが、マヘビーチは素晴らしい日の出を眺めるのに最高のスポットです。また、一年を通じて多彩なお祭りや宗教的イベントが開催され、活気溢れる地元の文化に浸ることができます。

ソウラブさんからの旅のアドバイス:
「コンセプトストア&カフェ『Baker Street』では、街で最高のフレンチバゲットとフレンチペストリーを購入できます。ロックビーチの周辺は最も楽しく過ごせるエリアであるため、ビーチ沿いの『The Hidden Garden Café』でコーヒーを楽しみ、この近隣に滞在するのがおすすめです。一番の移動手段はモーター付きの二輪車をレンタルすることです。そして、街のすぐ端にある実験的な共同体、オーロヴィルをぜひ訪れてみてください。」

おすすめの滞在先:アナンサ ヘリテージ(Anantha Heritage)は天井が高く、美しく修復されたタミル様式の邸宅を利用した伝統的なB&Bで、聖なる池のある寺院の後ろに位置しています。市内で最も歴史のあるマーケットのひとつのグーベール・バザールの近くにあり、ビーチにも徒歩ですぐにアクセスできます。

ケレタロ(メキシコ)

1996年にユネスコの世界文化遺産に登録された、ケレタロの歴史的中心部

1996年にユネスコの世界文化遺産に登録された、ケレタロの歴史的中心部

ケレタロメキシコ中央部の高地にある都市で、標高が高いことから、春のような素晴らしい気候に恵まれています。車を少し走らせると、世界最大規模の一枚岩のペニャ・デ・ベルナルがあり、空に向かって堂々とそびえ立つこの古い火山の跡(高さ約433m)を登ることができます。また、この地域には、森林に覆われた山々、渓谷や峡谷によって織りなされるメキシコの「緑の宝石」として有名な生物圏保護区であるシエラ・ゴルダもあります。街に戻って噴水や広場、歴史的な教会などを見ながら散策したあとは、おいしいタコスの屋台や色とりどりのピニャータの売店がひしめくメルカド・ラ・クルスの市場に立ち寄ってはいかがでしょうか。ここでは、ワインの産地でもあるケレタロ名物のスパークリングワインで1日を締めくくることができます。

おすすめの滞在先:ケレタロの歴史的中心部にあるモラズール ホテル ブティック(Morazul Hotel Boutique)は、青みがかった外壁が特徴の宿泊施設で、古い石壁、タイルフロア、梁出し天井、四柱式ベッドを内装に取り入れています。

ボルツァーノ(イタリア)

イタリア・ボルツァーノの古代ローマ様式の建物と、その奥にそびえる雪に覆われた山

イタリア・ボルツァーノの古代ローマ様式の建物と、その奥にそびえる雪に覆われた山

イタリア最北端の南チロル地方の中心地、ボルツァーノは、雪をかぶったイタリアのドロミテ山塊に囲まれたのどかな高山地帯の街です。ここでは、夏にはハイキング、冬には高評価のスキーリゾートに出かけることができます。また、中世の城や、美しく塗装された街の家並みと対比をなす、立派な尖塔がそびえるゴシック様式のボルツァーノ大聖堂も見どころです。現代絵画や彫刻が数多く展示されているギャラリー「ムセイオン」ではモダンな文化に触れることができます。イタリアのこの地域はフルボディのワインで有名で、サンタ・マリア・マッダレーナ教会を訪れれば、なだらなか丘陵に広がるブドウ園の美しい景色を眺め、ワインテイスティングを楽しめます。マーケットを探索するグループツアー(クッキング教室付)では地元の市場を見学し、ホストの家を訪れてイタリアの食前酒を作るチャンスがあります。

ルカさんからの旅のアドバイス:
「おすすめのレストランは『Castel Flavon』で、料理もとてもおいしく、景色もとても美しいです。また、ドロミテにも出かけてみてください。個人的には登山ガイドをつけることをおすすめします(現地で雇うことができます)。」

おすすめの滞在先:ドロミテの景色を望むカステル ヘルテンベルク(Castel Hörtenberg)は、ボルツァーノ中心部にあるルネッサンス様式の城を改装した宿泊施設で、ウッドパネルを取り入れた内装です。敷地内にワインセラーと豪華なスパがあります。

コタキナバル(マレーシア)

キナバル山の南側の頂からナナムン川に昇る日の出を眺めよう

キナバル山の南側の頂からナナムン川に昇る日の出を眺めよう

ボルネオ島のマレーシア領域内にあるサバ州の活気あふれる州都で、地元では「KK」の名前で親しまれているコタキナバルは、熱帯雨林と砂浜に囲まれた隠れた名所です。日中は、コタキナバル・ハンディクラフト・マーケットで職人が作った精巧な真珠細工や織物、木彫りをチェックしたり、地元の人気スポットであるタンジュン・アルビーチに真っ先に出かけてはいかがでしょうか。レストラン『Floating Seafood Market』では、絶品のエビのバター炒めやソフトシェルクラブを味わいながら、カルチャーパフォーマンスを鑑賞できます。コタキナバルの周辺にはユニークな野生生物が生息しており、この生態系を観察する一番の方法はイブニング リバーサファリに参加することです。このアクティビティでは、ナナムン川を進みながらキナバル山の景色を眺めたり、野生のテングザルのほか、夕暮れ時に光を放ちながら空を飛び交う何千匹ものホタルを見つけることができます。

おすすめの滞在先:街のウォーターフロントマーケットの向かいにあるル メリディアン コタキナバル(Le Meridien Kota Kinabalu)は、見どころ・観光スポットが集まるエリアの中心部にあるモダンな宿泊施設です。滞在中は、ビーチに出かけてシュノーケリングをしたり、プールサイドのカバナでカクテルを飲みながらくつろげます。

カランバカ(ギリシャ)

エメラルドグリーンの丘に囲まれた険しい崖の上に立つ修道院で知られる、ギリシャの有名なメテオラ

エメラルドグリーンの丘に囲まれた険しい崖の上に立つ修道院で知られる、ギリシャの有名なメテオラ

テッサリア渓谷にある風光明媚なギリシャの街、カランバカは、東方正教会の修道院がいくつも立つ巨大な奇岩群のメテオラを擁しています。エメラルドグリーンの丘を背景に宙に浮かんでいるように見える、高さ約400mのこの13世紀の遺跡は、孤独を求める修道士によって建てられました。今日では、徒歩で探索して異世界の景色に出会うことができます。メテオラ サンセットツアーでは、バドヴァスの千年前の隠修士の洞窟や、修道院のフレスコ画を見たあと、渓谷に沈む夕日を眺めることができます。グルメ通の方におすすめなのは、毎週金曜に開催される賑やかな市場や、ミートボールやムサカ、じっくり煮込んだシチューが味わえる地元のレストランです。もっとディープな体験をお探しなら、街の自然史博物館が企画するトリュフ狩りツアーに参加し、その後に振舞われる、食欲をそそる新鮮なトリュフのパスタを楽しんではいかがでしょうか。

ステファノさんからの旅のアドバイス:
「レストラン『Meteoron Panorama』は、丹精込めて作られた伝統的なギリシャ料理を手頃な価格で楽しめるタバーンで、メテオラのふもとのテラスで食事ができます。」

おすすめの滞在先:メテオラと街の中心部の間にあるホテル ドゥピアーニ ハウス(Hotel Doupiani House)では素晴らしい景色を眺めることができ、ホテルの自家菜園で育てた新鮮なフルーツを使ったおいしい朝食を提供しています。

サンタフェ(アメリカ)

サンタフェ特有の日干し煉瓦造りの建造物は必見

サンタフェ特有の日干し煉瓦造りの建造物は必見

サンタフェの独自性は、「The City Different(どの場所とも違う街)」という愛称に凝縮されています。数々のメキシコ料理のフードトラックや野外市場などの活気に満ちたフードシーンを通じて、他では見ることができない多文化の伝統を探索し、現代ネイティブ美術館で先住民の文化に触れてみてはいかがでしょうか。また、サンタフェはアメリカで最も標高が高いところにある州都で、サングレ・デ・クリスト山脈のふもとに位置しているため、ハイキング、マウンテンバイク、スキーの素晴らしい拠点です。アドレナリン全開の時間を過ごすなら、山でのロッククライミング、パラグライダー、ホワイトウォーター・ラフティングに挑戦してみてはいかがでしょうか。*サンタフェのダウンタウンでの写真ツアー&レッスンでは、サンタフェ在住のガイドの案内で街の歴史的建造物を巡ることができます。

トレーシーさんからの旅のアドバイス:
「サンタフェでお気に入りのレストランは、南西部スタイルの料理を楽しめる『Geronimo』、『The Shed』、『Sazon』です。これらの中には、カンティーナスタイルのバーが備わるハシエンダ風のお店になっているところもあります。」

おすすめの滞在先:ボブキャット イン(Bobcat Inn)は市内中心部や様々なハイキングトレイルから車ですぐの場所にあるB&Bです。中庭とバーベキュー設備のほか、星空観察に最適な庭があり、山の景色を眺めることができます。

オロモウツ(チェコ)

オロモウツ市庁舎の塔に上って旧市街の素晴らしい景色を眺めよう

オロモウツ市庁舎の塔に上って旧市街の素晴らしい景色を眺めよう

来年、あまり知られていない場所を探索したい方におすすめなのは、ヨーロッパ屈指の穴場のひとつで、歴史豊かなチェコの街、オロモウツです。モラヴィアのハナー地域に位置するこの街は、古代ローマ時代まで歴史をさかのぼり、壮大な建築物や地ビール醸造所から豊かな美食に至るまで、あらゆるものが揃っています。特に、地元のソフトチーズの「オロモウツケー・トヴァルーシュキ」は見逃せない一品です。保存状態の良い旧市街はユネスコの世界遺産に登録されており、メインの広場にそびえる高さ約35mの聖三位一体柱は、中央ヨーロッパのバロック様式の素晴らしいモニュメントのひとつです。近くの市庁舎塔からは、この柱のほか、イェセニキー山脈の美しい景色を楽しめます。

おすすめの滞在先:中心部に位置するロング ストーリー ショート ホステル&カフェ(Long Story Short Hostel & Café)は18世紀の要塞を利用した宿泊施設で、ペタンクコートやバーベキュー設備のほかカフェ&テラスバーがあり、ライブミュージックイベントやムービーナイトを開催しています。

ホバート(オーストラリア)

ホバートのロマンチックで美しい環境を探索しよう

ホバートのロマンチックで美しい環境を探索しよう

山登りとビーチに加えて、世界レベルの美術館見学をすべて一日で楽しめる場所はほとんどありませんが、ホバートはまさにそれが実現できる場所です。世界的に有名なミュージアム・オブ・オールド&ニューアート(MONA)は、ホバートの名前を文化的な街として世に知らしめた立役者と言えます。また、この地域の自然も同様の素晴らしさを誇っています。このタスマニア州の州都はオーストラリア最南端の州都で、ウェリントン山に囲まれ、ダーウェント川沿いに位置しています。カヤックで街のロマンチックで美しい環境を探索したり、アブセイリングやサーフィンに挑戦してスリリングな時間を過ごしてはいかがでしょうか。もっと刺激的な体験がしたいなら、有資格のインストラクターの指導のもとで、街の上空を飛行機で滑空する飛行機の操縦体験に参加してみましょう。

おすすめの滞在先:メイランズ ロッジ(Maylands Lodge)は古いランドマークでもあり高級ホテルでもある宿泊施設で、市内中心部とウォーターフロントから車ですぐの場所にあります。お部屋からは山または庭の景色を眺めることができます。

*目的地は、2021年8月1日~2022年7月31日までの期間において、Booking.com上での予約数が上位1,000以内である必要がありました。結果のリストは前年と比較した増加数に基づき並べ替えられ、国内予約のシェアについて大きな減少のあった目的地は削除されています。これは、新型コロナウイルス関連の移動規制が緩和されたにも関わらず、国内(および海外)からの関心を維持することができた目的地が本リストに掲載されていることを確実なものとするために行われました。

あなたにおすすめ

アメリカ屈指の美しいビーチ9選

北米にある珠玉の砂浜をご紹介します。

長期滞在できるヨーロッパの贅沢な宿6選

現地に住んでいるかのような気分でヨーロッパでの長期滞在を楽しめる、贅沢で美しい宿をご紹介。

フランスのブドウ園にある、7つの「お城ホテル」

ワインの王国で、まるで貴族のような体験を。

アルプスでスキー…あなたにピッタリのリゾートは?!

最適なリゾート探しのお役に立てるよう、ヨーロッパでのスキーにおすすめの場所TOP4をご紹介。

冬に訪れたい雪深い旅行先5選

のどかなシャレー風の宿や楽しさ満点のスキーリゾート、オーロラの絶景まで!

心ときめく旅:レイク・ルイーズ(カナダ)

レイク・ルイーズはその美しさやひっそりとした雰囲気、そしてアクティブな楽しみ方で人々を魅了しています。